ネットへの書き込みはイニシャルや伏せ字でも名誉毀損になるの?

シェアする

インターネットは多くの場合、匿名が原則の世界です。
しかしそれでもマナーを守らず、個人名や企業名を書き込んで誹謗中傷する人はたくさんいます。

ネット書き込みで名誉毀損

最近では規制や通報が厳しくなりましたが、それでも直接名前を書くのではなく、イニシャルや伏せ字で書き込む人があとを絶ちません。

このようにイニシャルや伏せ字を使って特定の人物を批評することは、名誉棄損に問われないのでしょうか。
もし今後自分と思われる書き込みを見つけたときの対処法として、こちらで確認してみてください。

イニシャルや伏せ字でも名誉毀損になるの?

名誉棄損とは、他人の名誉を傷つけることで損害賠償を請求される事例を指します。
ネットの場合「○○はダメだ」「△△は犯罪をしている」などという書き込みが行われると、個人を不特定多数の人の前で貶めたことになり、名誉棄損として扱われることになるのです。

「なら個人名をはっきりと書かなければいいのでは」と思われるかもしれませんが、イニシャルや伏せ字での書き込みでも、名誉棄損として成立したケースはたくさんあります。

たとえば学校名や企業名をいっしょに書き込んだり、時刻や場所をはっきり書き込んだりすると、イニシャルや伏せ字でも特定の個人を貶めたことになるのです。

複数の情報が合わされば、個人の特定は容易となってしまいます。
そのためイニシャルや伏せ字であっても、名誉棄損になる可能性は十分に考えられることでしょう。

名誉毀損になる基準

ネットの書き込みが名誉棄損になるかどうかは、そこに書かれている個人を特定できるのかが基準となります。
第三者から見ても、どこにいる誰なのかがはっきりとわかるような書き込みは、イニシャルや伏せ字でも名誉棄損になるでしょう。

書き込みによってその人物の社会的評価が下がり、損害を被るようなことがあれば、名誉棄損で訴えられる可能性はさらに高まります。

また、名誉棄損と似た罪で侮辱罪というものもあります。
特定の個人を侮辱するような書き込みを行った場合は、侮辱罪として問われることもあるでしょう。
2つのちがいは、具体的な書き込みが行われているかどうかです。
個人を貶めるために詳細な情報や具体例が提示されていると、名誉棄損として扱われることになります。

まとめ

イニシャルや伏せ字であっても、名誉棄損という罪はきちんと適用されます。
ネットの書き込みだからといって軽視されることは決してないので、利用の際には十分に注意しましょう。
また、自分のことと思われる書き込みを見つけた場合も、きちんと取り組めば厳正に対処することが可能です。
そのまま放置せず、サイトの管理者などへ相談するようにしてください。