掲示板サイトに自分の名前がないか確認する方法

シェアする

個人での自由な書き込みが当たり前となった昨今、楽しみが増えた半面、トラブルも確実に増加していることがうかがえます。
特に心ない人による誹謗中傷や個人を特定できる情報の提示は、今でも大きな問題となっているのです。

掲示板に名前の書き込み

多数の掲示板やサイトが存在するなか、あなたの名前が書き込まれていないなんて保証はどこにもありません。
しかし自分から動くことで、その心配をなくすことはできます。
それぞれの掲示板サイトで自分の名前がないかどうか確認することは、意外と簡単にできるのです。

特に利用者の多い掲示板を3つご紹介しますので、どうしても自分の名前を確認したいときは、ぜひ参考にしてみてください。

5ch(旧2ch)

日本でトップクラスの利用者を誇る巨大掲示板です。
あらゆる種類のスレ(板)があり、そのなかで好きな話をするという自由な雰囲気が特徴的となっています。
最近名前が5chに変わりましたが、自分の名前を検索する方法は変わりません。

1番早いのは、googleやyahooといった検索エンジンの活用です。
「自分の名前 5ch(2ch)」と検索すると、該当するものをあぶり出すことができます。

上記の方法で検索できるのは、現在の5chに残っているスレだけです。
そのため古いスレから自分の名前を探すには、過去ログと呼ばれる倉庫を検索する必要があります。
過去ログは外部の専門サイトを利用することで、スムーズに検索することが可能です。

爆サイ

地域に密着した、ローカルな掲示板サイトです。
その区域で生活している人にしかわからないような内容も多いので、地域性に特化した印象を持ちます。

爆サイで自分の名前を検索するには、掲示板左上部にある検索窓を利用しましょう。
現存するすべての掲示板から、スレッド名とレスを検索してくれます。

地域に密着しているという性質があり、個人をターゲットとした誹謗中傷を書かれやすい掲示板です。
爆サイの風評被害についてまとめた爆サイの風評被害体験談を一緒にご覧下さい。

ホストラブ(ホスラブ)

風俗やキャバクラ情報をメインに取り扱う掲示板です。
非常に狭いコミュニティのなかの話しが多いので、個人の名前が出ることもめずらしくありません。

ホスラブもメインの掲示板を開いたら、左上部にある検索窓で自分の名前を検索可能です。
板・スレッド・コメント・ニュースから、入力した内容を検索してくれます。

まとめ

掲示板サイトに自分の名前が載っているかどうかは、上記のような方法で確認可能です。
誹謗中傷が心配なら、1度それぞれの掲示板をチェックしてみるといいでしょう。
いわれもない悪口や傷つけるような内容だった場合は、申請して削除ができます。

心当たりがあるときは、きちんと対応して自分の名前を守るようにしてください。